豪雨のち虹

早発閉経の私が不妊治療を経て32歳で出産するまでの記録。/アラサー/FSH100以上/AMH0.1未満/Rレディースクリニック/IVA/in vitro activation/鍼灸

D4診察 ブセレキュア効いてた!

3週間ぶりの診察に行ってきました。
8月の通院スケジュールすっかすかで、実に暇やったなー。
おかげでブログに書くこともなさすぎてプップクプーって感じでした。
プレマリンプロベラ、各種サプリ、漢方薬などいつものお薬に加え、
ブセレキュアを日々プシュプシュしながら、通院の日を待っていました。


診察は院長先生。
今回の採血結果のキモはFSHの数値の推移。


ブセレキュアを使ってFSHを下げる試みはうまくいったようで、
3週間前の診察時20.3→今回の診察では4.0まで下がってた。

前回の診察後、あえてブセレキュアを使い始める時期を遅めに設定した
(=FSHを高め数値でkeepした後にガツンと下げるため)ことで、
卵の質を高める作戦を取っています。

実際のところどうなったかは、採卵に至らないと
分からないわけではありますが。
どうか取れてね、取れてくださいね。


しっかし、いろんなテクがあるもんですなー。
匠の技か。
私は指示に従いながら毎日の服薬を粛々とこなすのみです。


実はここ2週間ばかしのブセレキュア投薬の日々、
鼻噴霧時間を盛大に忘れ慌ててプシュ事案が相次ぎ、
数値が想定通りにコントロールできているか大変心配していました。
幸い、1日4度という回数は守れていたので、なんとか大丈夫だったっぽい。
まだしばらくブセレキュア噴霧の日々は続くので、
反省してちょっと真面目に打つことにします。


E2は3週間前の診察時87.0→今回の診察では96.6。

調べてみたところ、生理4日目でこれって基準値よりやや高め?
素人判断じゃこれが懸念事項なのかどうか分かんないよ~。
院長先生は何にも言っていなかったけど。


今回の受診後から、毎晩のゴナールエフ150単位スタート。
自己注射久々だぴょん。

「これでうまく卵が育てば、IVAで取り出した卵巣切片の移植を
より確信をもってできるようになりますね」と院長先生。


なかなか重たい言い方だったことを、私は聞き逃しませんでしたよ。
これからの治療の行方を決めるちょっとした試金石のような周期になるかもしれない。


とはいえ、あんまり気負わず、できることをやっていこうと思います。
8月前半の熱波祭のような酷暑が嘘のように涼しくなって、
毎日のお灸もしやすくなってきた。
もう秋だね。


次回以降の診察スケジュールが一気に3回分決まりました。
事前にこんなに一気に日程押さえちゃうの初めてなんだけど、
なんなの何があったの。
いずれにせよ、予定が事前にこれだけクリアになってくれるのは
大変ありがたいです。
しばらく有休使わずにイケそう。フルタイムで働く身にはありがたい!
(今回は午後半休もらって病院に来てました)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 早発閉経へ
にほんブログ村